ボサノバ

“新しい感覚”を意味するボサノバは、1950年代ブラジルで誕生し、モダンな空気感をとらえた新スタイルのサウンド。抑制されたジャズのグルーヴ感に、クラシックギターの甘い調べ、そしてささやくように歌う独特の奏法。その柔らかなサウンドはダンス界にも瞬く間に影響を与え、コンテンポラリークラシックとして新たなジャンルへと発展しました。ナハトマンの<ボサノバ>は、そんな幸福感あふれる軽やかなダンスからインスパイアされたコレクション。 二人の心が通い合う瞬間を、2本の紐が美しく調和するパターンで表現しました。

マンボ

輝くようなナチュラルさに満ちた、自由のダンス、マンボ。ナハトマンの<マンボ>は、そんな自然美をナチュラルな葉のデザインで表現。流れるような美しいラインは、ステップが魅せる官能的な動きを想わせます。小皿や大皿、グラスからボウルまで取り揃えたこの珠玉のガラスウェアは、どんなテーブルセッティングにも、多彩に様々なシーンでご愛用いただけるコレクションです。

ルンバ

キューバン・ルンバは、情熱と官能を内に秘めた愛のダンス。男女のこがれる想いを、艶やかに表現したスローダンスです。 そのゆったりとしたテンポに身をまかせると、心は溶け合ってひとつに。そして世界は二人だけのもの・・・<ルンバ>はナハトマンの至高の美とクオリティで、その愛を映し出したコレクション。繊細なクロスカットが織りなす光と陰の曲面が、ルンバの美しさと魅惑を引き立てます。見目麗しい印象の<ルンバ>は、愛する二人のためのディナーにぴったり。ディリーシーンにもおもてなしの食卓にも、洗練とロマンスの薫りを添えます。

サンバ

サンバといえばリオのカーニバル。その煌き、生きる喜び。ドラムが轟き、心熱くするラテンの音楽が夜通し響きわたります。南米の美しい丘と海風に抱かれながら、腰をリズミカルに振りパレードする人々。興じてくると皆で輪になり踊り、熱情の夜は更けていきます。ナハトマンの<サンバ>はそんな人生を謳歌する歓びに満ちたコレクションです。ダンサー達の円を描きながら舞う情景が鮮やかに浮かぶ上品なカット。カーニバルのように集いの場が楽しく彩られる、華のあるコレクションです。

ジャズ

抑制されたジャズのグルーブ感に、クラシックギターの甘い調べ、そしてささやくように歌う独特の奏法。その柔らかなサウンドはダンス界にも多大な影響を与え、コンテンポラリークラシックとして新しいジャンルへと発展しました。ナハトマンのジャズシリーズは、そんな音楽の調べやコンテンポラリーな感覚をラインで表現しました。

アトラス

アフリカ北西部、サハラ砂漠の北端に接し、モロッコからチュニジアにかけて東西に続くアトラス山脈は、最高峰4167mの偉大な山脈。その険しい山肌をイメージした<アトラス シリーズ>は、落ち着いたシルバーカラーの中にも煌きのある風合いが、スタイリッシュなテーブルを演出します。

アペリティーヴォ

イタリア語で「食前酒」を意味する“アペリティーヴォ”。最近では、ディナーの前に気の合う仲間とカフェやバーに立ち寄って、軽くお酒を飲んだりおつまみを食べながら会話を楽しむリラックスした時間のことも意味します。 豊かな食文化を誇るイタリアの素敵な習慣“アペリティーヴォ”を名前にした今回の新シリーズは、そんなオシャレで楽しい時間をご家庭でも再現できるよう、ちょっとしたおつまみや前菜をモダンに演出くれる強い味方。どんなテーブルセッティングにも自然に馴染むシンプルモダンなデザインで、サイズのバリエーションも揃っているので、ホームパーティから普段のお食事までシーンを選ばず幅広くご使用いただけます。

オーシャン

どこまでも広がり、自然のダイナミズムや生命の源を感じさせる母なる“海”。ゆったりと大海原を漂い、海岸に白い泡をたてながら打ち付ける波。そんな大自然の雄大さにインスピレーションを受けてデザインされた<オーシャン シリーズ>は、クリスタルの透明感が、“海”の魅力をより美しく表現しています。

グラマー

光の加減によって様々な表情を見せてくれるので、ホワイトを強調して涼しげな食卓にも、ゴールドを強調して艶やかなコーディネートにものせるお料理のイメージを限定せず毎回違ったユニークな演出をお楽しみいただけます。

ゴールデンモーメント

新郎新婦の幸せと健康への願いが込められた“シャンパン・トースト”という乾杯のセレモニーに使用されるトースティングフルート。大切な記念日の思い出の品として大事にされ、結婚記念日や2人での大切な日をお祝い乾杯するグラスとして使われてきました。<ゴールデン・モーメント>のトースティングフルートは、19世紀に開発されたパントグラフという技法を用いてモダンクラシックな装飾を施した後、熟練の職人がハンドペインティングでひとつひとつ丁寧にゴールドの色付けをした華やかなデザインが特徴です。伝統的なスタイルにモダンなテイストをほどよく加えてアレンジしたこのグラスは、お祝いの席にふさわしい上品で優美な雰囲気を醸し出します。

サハラ

アフリカ大陸の4分の1を占める世界最大の砂漠、サハラ。キラキラと輝く黄金色の砂をイメージして名づけられた<サハラ シリーズ>。深みのある落ち着いたゴールドが美しいプレートは、テーブルをゴージャスに飾り立ててくれます。

シックスティーズ

どこか懐かしいデザインは、古き良き時代、60年代のデザインからインスピレーションを受けたもの。シンプルなタンブラーにしっかりと施されたカッティングがユニークな存在感を醸し出し、毎日の生活にアクセントを添えてくれます。握りやすく、普段使いにちょうど良いサイズで、お水やソフトドリンクはもちろん、お酒のロックスタイルやソーダ割りなどにもぴったりです。幅広いシーンで活躍するこのタンブラーは、デザイン性の高いスタイリッシュなギフトとしてお喜びいただけます。

スカルプチャー

アフメット・ウスルによってデザインされた<スカルプチャー>は、彫刻(スカルプチャー)のような、氷の塊を彫り刻んで作った芸術作品のような躍動感あふれるデザインです。光を受けてアイスキューブのように輝きを放つ部分と、水のように澄み渡り中身が見える透明な部分がアシンメトリーに配されていて、花瓶はもちろん、アレンジ次第でユニークなインテリアコーディネーションをお楽しみいただけます。

スフィア

ロマン・クビタによってデザインされた<スフィア>は、溶けたガラスの塊に息を吹き込んだ時に作られる美しい球体(スフィア)からインスピレーションを受けています。チェコの伝統ガラス工芸とモダンアートが融合した、大小異なる球面の重なりで編み出される幾何学的なデザインが特徴です。見た目にインパクトがあるので、コーディネートのアクセントとしてもおすすめです。

スライス

ヴィクトリア・ブラギンスキーによってデザインされた<スライス>は、都会の洗練されたスタイルを発信する雑誌「メトロポリタン・ホーム」の""イヤーズ・ベスト・デザイン100”に、""ハイエンド・ホームワーク”の作品として選ばれています。スライスされたガラスの塊をランダムに積み重ねた独特なデザインで、そのアシンメトリーな重なりがクリアなガラスに複雑な影を作り出します。トレンドの発信地ニューヨークの自由な発送から生まれた立体感・存在感を醸し出すユニークなデザインで、空間を洗練された雰囲気に演出してくれます。

デライト

<ディライト>のトースティングフルートは、乾杯用グラスとして20世紀初期より創られてきたシンプルな形状に、19世紀に開発 されたパントグラフという技法を用いて伝統的な装飾デザインがモダンなスタイルで再現されています。それぞれのフルートグラスには4種類の別々のデザインが精巧にほどこされており、“ディライト(喜び)”という名の通り、お祝いの席にふさわしい華やかな雰囲気を醸し出します。ドイツのインテリア誌「Deco Home」で、"Home Deco Award"という賞を獲得し、そのデザイン性も高く評価されています。

ヒカリ

阿部悠夢によってデザインされた<ヒカリ>は、ガラスを通して光が混じりあい反射しあう姿が美しく、特に底部の空間が特徴的で映り込む光と影が作り出す複雑な陰影が、より立体感のある姿を醸しだしています。アシンメトリーなデザインで、360度それぞれ違った印象をもたらしてくれます。その凛とした姿は、和のテイストを覗かせる個性的なコーディネートを演出したい方にもおすすめです。

ペタル

アルバロ・ウリベによってデザインされた<ペタル>は、薔薇の花びら(ペタル)をモチーフに、女性らしい柔らかな曲線と丸みを活かした優しいデザインで、お花や料理を一層引き立たせることはもちろん、単独でもナチュラル感のあるインテリアとしておすすめです。

ベース・シャンパンクーラー

モダンクラシックなデザインで、お部屋のオブジェとしても評価の高いナハトマンのベース。インパクトのあるフラワーアレンジメントをお楽しみいただけることはもちろん、 お花を生けなくても、お部屋のアクセントとして充分な存在感を醸し出します。

キャンドルホルダー

部屋におくだけで洗練された雰囲気になるナハトマンのキャンドルホルダー。日常のひと時に、ホームパーティーでのおもてなしに、毎日使っていただきたいアイテムです。