1834年にドイツのバイエルン地方で誕生し、180年以上もの間、高い技術力を受け継ぐライフスタイルブランド、ナハトマン。
2007年からは将来性のあるデザイナーを発掘し、その可能性を最大限に広げる育成事業として NEXTGEN プロジェクトを行っています。
初回はニューヨークの有名デザインスクール、パーソンズ・スクール・オブ・デザインとタッグを組み、実際に商品化される製品のデザインが授業カリキュラムに組み込まれました。こうして最優秀賞に選ばれた学生の作品は、2008年に全世界で発売され、産学共同プロジェクトの成功例として注目を集めました。その後もニューヨーク、ストックホルム、東京、プラハ、北京、シュトゥットガルト、ロンドンにある美術大学とコラボレーションし、それぞれ選ばれた学生の作品が商品化され、次世代を担うデザイナーたちに活躍の機会を提供し続けています。<ジュールズ シリーズ>は、シドニー工科大学とのプロジェクトによって誕生しました。

<ジュールズ シリーズ>は、オーストラリア・シドニーにある総合大学、シドニー工科大学とのプロジェクトによって誕生しました。
デザイナーであるオリバー・ブライアント(Oliver Bryant)は、ジェットエンジンのタービンブレードが備え持つ完璧なバランスによる造形美にインスパイアされ、洗練された力強さ、繊細さをラインで表現しました。流れるようなラインが反射で美しい光の模様を生み出し、テーブルの上を華やかに演出します。